原則的に車査定において
0

    「伊丹空港から東淀川区北江口に行くには?」 より引用

    急遽 東淀川区まで行かなかればならないことになりました 行き帰りともに子供を連れての旅になるのですが どのような交通手段で行けばよいでしょうか? ついでなんですが近場で買い物...…(続きを読む)

    引用元:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3905308.html


    原則的に、車査定において査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。
    中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型車、それから大型車に分かれているのです。
    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと授与されないので、この民間資格を所持しているならば、定められたレベル以上の査定が出来ることが分かってもらえるのではないでしょうか。
    期末であり年度末決算も抱えた3月と、夏のボーナスのアトで暑さが落ち着いてきた9月は車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。
    どこの販売店でも沿うですが、期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。
    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。
    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、このチャンスを逃す手はありません。
    それと、4月は決算の翌月で販売も一山超え立ところで、査定価格も全般に下がり気味になります。
    車を処分する際の査定にはタイヤのコンディションは価格に対する影響が少ないものです。
    ただ、タイヤがスタッドレスのときは普通のタイヤに交換してから売るほうが良いです。
    スタッドレスは高価ですが、冬場に路面に雪が残るような寒い地域以外では業者は通常のタイヤにつけかえてからでなければ販売できません。
    つまりそれだけ査定額から引くので、安くなってしまうのです。
    買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、ディーラーによる下取りか、くるま買取専業店への売却です。
    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい契約をめぐって競争せざるを得ない状況を作り、下取りにくらべ利益を得やすいというメリットがあります。
    一方、ディーラー下取りでは一社のみの独占ですので競争による高値買取りのようなものは期待できません。
    その変り車を購入するのと同時に古い車も処分できますし、代車の心配も不要です。
    状況に応じて選ぶと良いでしょう。


    | car-otoku | ブログ | 02:27 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 02:27 | - | - |